脳科学ブログ

2019.06.10

ビジネススキルアップに欠かせない「記憶の質と量」

脳科学 記憶

ビジネススキルアップに欠かせない「記憶の質と量」

ひとくちに「ビジネススキル」と言いますが、ビジネスにはさまざまな能力が必要です。ビジネススキルをアップするには何が必要なのでしょうか?

ビジネスに必要な「〇〇力」とは?

例えば「企画力」。企画の部門でなくてもどんな部門でも必要になってきますね。「企画力」と深くかかわる「創造力」も必要です。

お客様に寄り添うための「共感力」。
トラブルに迅速に対応するには「柔軟力」。
スピーディーな決断が必要な場面では「判断力」。
現状を観察し、その後の展開を考えるためには「洞察力」と「思考力」。
そして、文書を読み進める「読解力」。
ビジネスの計画を立てるには「論理力」。
その計画を実際に実行する「行動力」。
グローバルな場面では「語学力」も必要です。
さらに、いつでも誰でも必要な「知識力」。

ざっとあげただけでも、こんなに!!まだまだ他にも必要な「〇〇力」がありそうですよね。こんなに多くのスキルを磨くのは本当に大変です。ひとつひとつ、どうやってアップさせていけばよいのでしょう。

「企画力」をアップさせるために、毎週10個の企画書を書く練習をする?「知識力」アップのために、アフターファイブに学校に通う?…とてもそんな時間は取れないというのが現実です。

キーワードは「記憶力」

実はビジネススキルアップの秘訣は、ひとつの重要なアイテムに集約されます。それが「記憶力」。色々な「〇〇力」がありますが、人は結局、記憶していることしか出来ません。一見、記憶と関係なく思えるスキルも、記憶力なくしては働かせることができません。まったく新しい「創造」も、今までの自分の経験と記憶から、イメージして作り出します。

例えば、小説家。自分の経験と記憶、そして調査して調べた知識を自分の記憶として、そこから新しい物語を創造します。何もないところから突然ストーリーが沸いてくるわけではないのです。たくさんの「記憶」があればあるほど、物語の創作の可能性が広がるというわけです。

人の心に「共感する」力も、今までの人生の中での記憶から、相手の心を推し量ることで発揮できます。

例えば商品の購入を迷われているお客様がいたとします。なぜ買うのをためらっているのでしょう?価格、サイズ、機能…もしくは、今のお客様のライフスタイルに合わないのか。

お客様に関するあらゆる情報を記憶からピックアップし、どうすればお客様に一番喜ばれる商品を提供できるか、とお客様に寄り添える力。それが「共感力」です。記憶力なくしては「共感力」もありません。

結局、ビジネススキルをアップさせるために早道なのは、記憶力を磨いて、記憶の量と質をアップさせることです。

ホロスブレインズの「記憶術セミナー」では、その重要な「記憶力」をアップさせる方法をレクチャーします。あなたも「記憶」の質と量を上げて、ビジネススキルをアップさせませんか?

メルマガ登録
 セミナー申込